ストレスの語源を調べて見ました

人間関係で悩んでいます。ストレスで体の調子もおかしくなり始め、気づくとぼーっとしている時間が増えてきました。
家でもストレスで落ち着けずお酒を飲まないと眠れなくなってしまいました。
ふとストレスって外国語だなと思い調べて見たところ、ストレスという言葉の語源はカナダの学者さんからでした。
日本語では何ていうのかなと気になり調べたら日本語では精神的緊張感というそうです。
今まで何気なく使っていたストレスという言葉の語源を初めて知り、ストレスを起こさせる刺激はストレッサーと呼ぶ事もわかったので、私の人間関係の悩みの中心人物をストレッサーと呼ぶ事にしました。
ストレッサーは何もできないのにただ威張り散らす人、自分のミスを平気で人に擦りつけるし、仕事の内容を把握してないから決定的な決断は私に決めさせようとし、その決断で上手く行かなかった時はもちろん私のせいです。こんな人に会ったのが初めてで正直どう対処していいかわかりません。

オススメのネット副業を探してみた!

ネットで副業ができたら、本業にプラスにお金が入るので、嬉しいですよね。
ネットで副業で、一番に思いつくのがアフィリエイトかと思います。

ただ、アフィリエイトはSEO対策、アクセス集め、キーワード選びなど、様々な手間がかかり、参入者も増えて、かなり飽和状態とも言われています。

アフィリエイトもいいですが、ネットで副業ができるのは他のもあります。

それは「せどり」です。
ネット副業で「せどり」なんて、あまり聞きなれないですよね。
せどりとは、いったい何でしょうか。

ネットで「せどり」といったら、「Amazonせどり」のことをいいます。

そもそも「せどり」とは、同業者の間に立って、品物を転売し、その手数料を取ることです。
例えば、ブックオフなどで中古の本を安く仕入れて、Amazonなどで高く転売するといったら、イメージが湧くかと思います。


そして、せどりでオススメなのは「Amazonせどり」です。
Amazonを利用すれば、出品や発送の手間もほとんどなく、気軽に始められます。
Amazon発送代行サービスを使えば、商品を事前にAmazonの倉庫へ送っておけば、その商品が売れたときに勝手にAmazonが発送してくれるのです。


オススメのネット副業といったら、「せどり」です。

みなさんも、検討してみては?